鍋・フライパン専門店 鍋マイスター
税込です
鍋の一覧
フライパンの一覧
ボウル・ツール類の一覧
包丁の一覧
鍋マイスター > ブルーテンパ材焼き込みについて

ブルーテンパ材の焼き込みについて

フライパンなどを作るために開発された「ブルーテンパ材」は、鉄板の表面を焼き入れ(酸化)させてあり、ほかの鉄板材料と比べ錆にくく、加工性が優れています。
初回の使用開始時に焼き込みが必要ですが一度油が馴染めば大変耐久力があり長く使用できます。

初回使用前の焼き込みの手順について

ブルーテンパ材商品は、お客様のお手元に届くまでの間に錆などの腐蝕が生じないよう、全面にクリア塗装を施して保護しています。 鍋・フライパンへの油なじみを良くするためにも、この塗装を「焼き込み」にて除去していただきますようお願いいたします。

  1. 本体を食器用洗剤とスポンジにて洗い、表面のごみ等を洗い流して下さい。
    洗剤分を洗い流したあとは、水気をふき取ってください。
  2. フライパン・鍋を、中火にて加熱し始めてください。 フライパンが暖まりましたら火力を強火にします。
    ※初めから強火で加熱しますとフライパンが変形する恐れがあります。
  3. 熱しているうちに、中央部から塗装が気化して紺色(もしくは黒色)から薄い青色に変色していきます。
    コンロによっては中央部のみで除去が止まってしまうものもあります。その場合はフライパンを回し動かし、塗装の残っている部分に熱が届くようにしてください。
  4. 塗装の除去が終了しましたら火を止め、コンロの上で冷まして下さい。
    十分に冷えましたら鍋・フライパンを洗剤で洗い、水で洗い流したあと水気をふき取って下さい。
    ※塗装を除去した状態で何日も放置しておきますと錆びが発生してくる可能性があります。工程5へお進みください。
  5. 水分を乾燥させた後、鍋・フライパンの内側・外側とも油をまんべんなく塗り、中火〜強火へと加熱しながら油をなじませます。 白い煙が出始めたら火を止め、水のみで表面を洗って下さい。
【作業時の注意事項】

IH(電磁)調理器での焼き込みは、溶けた塗装が調理器のトッププレートに付着して取れなくなる可能性がございますのでお避けください。
※焼き込み作業は、十分に換気しながら行ってください。
※火気の取扱いには十分にご注意ください。
※本体を冷ます際に水で急冷却しますと、水が熱湯となってはじけ飛び、大変危険です。また、フライパンが変形する危険がありますのでお避け下さいますようお願いします。

← 前のページに戻る


ブルーテンパ材商品の一覧



無料ラッピング・メッセージカードサービス
ギフト向けの包装紙、メッセージカードを無料で承っております。ギフトセットをご購入の際には、ぜひご利用ください。

← 前のページに戻る

ページの先頭へ
お買い物について